FE250 エンデューロレーサーカスタム!



FE250のお客様の車両をJNCCワイルドボア鈴蘭へ向けカスタムさせて頂きました!

ノーマルでも十分と思われる方も多いと思いますがさらに乗りやすくすることで安定した走りが出来るので無理なくより早く走る事が可能です!

まずはタイヤ前後を交換!今回はフロントはブリジストンE50とリヤはダンロップのAT81EXです。エンデューロタイヤでは最近 IRC VE33Sゲコタ辺りは人気どころですが、4ストレーサーで使用するとコーナー立ち上がりでしっかりアクセルをあけるとタイヤがよれる感じがして、個人的には2スト向けなタイヤかなと思っていますので4ストの方で柔らかめのタイヤだとAT81EXをオススメしています!

 

AT81EXは冷えているときと温まった時でタイヤのゴムの硬さがかなり変わるのでマディなコンディションの時はタイヤが冷えたままなので割としっかり掻いてくれます。


もちろんマディ用のタイヤで良いものは他にもお勧めが色々とあるのですが、ある程度ガレで滑ることもありそうだなと思ったら自分自身もこのタイヤを選んでいます!

そしてJNCCはハイスピード区間も多いのでステアリングダンパーを装備!

ハンドルのブレをかなり軽減してくれるのでハイスピードでギャップに弾かれた際にハンドルのブレを最小限にしてくれるので長時間のレースでミスを最小限にできます。コーナリングやジャンプの着地などでも効果を発揮してくれます!

マフラーはFMFのメガボムとサイレンサーを装備!ハスクバーナやKTMのエンデューロレーサーのノーマルマフラーはヨーロッパでの騒音規制などに対応するため、ある程度絞られています。ノーマルでも十分という方も多いですがスリップオンでも良いので変えるだけで全域トルクカーブが綺麗になる感じで非常に乗りやすくなります!

 

またメガボムは高回転時の伸びもトルクフルになるのでかなり走りやすくなります!

あと今回のカスタムではないのですが写真に写っているのでついでにHINSONのクラッチカバー!

 

かなり強度のあるクラッチカバーなので樹脂のカバーなどを上からかぶせる必要はないと思います。ノーマルの上からカバーをするのもプロテクション的にはアリなのですが、カバーの内部で破損しているときに気づきにくかったり数ミリですが横幅が広くなるのでホールドする感覚が少し変わってしまいます。


HINSONの強化カバーなら分厚くなることなく強度アップできるのとクラッチメンテナンスもスムーズにできるのでオススメです!


そして見た目もカッコよいでしょ!?


オフロード走行のスキルアップは個々での努力もある程度必要ですが車体のセットアップでレースをより楽しんで頂く提案をさせて頂いておりますので是非ご相談ください!

 

ハスクバーナ香川

高松市庵治町丸山6390-84

0878-05-3552

定休日月曜日

https://hqv-kyoto.com/



特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square